2013/11/20

古きよきモノ ~箱木千年家~

神戸の山の奥にある、箱木家の住宅を見てきました。

箱木千年家

この住宅は、改築、増築、移築を重ねながら現在に至るそうで

西暦800年頃に建てられたとか、1300年頃だとか色んな話があります。

どちらにしても、とにかく古くからある建築物で、現存最古の民家と言われています。

「ぼうや〜よい子だ、ねんねしな・・・」という歌がきこえてきそうなかわいいフォルム。

 

箱木千年家-素材

ものすごい厚みのある藁葺き屋根、厚み50cmぐらいかなぁ。

そして、日に焼けたり擦れたりした、使い込んだ跡の残る板戸。

経年変化でしか出ない、いい模様が出ていました。

 

箱木千年家-うまや

母屋に入ると、重厚感たっぷりの大空間。

何世代の方達が、ここで過ごしたんだろうか。

ちゃんとした素材は、使い込まれ、時間がたってもいい感じに残ります。

今の日本にとって、とても大事な事。

 

箱木千年家-室内

隣の離れは、趣きのある静かな佇まい。

 

室内はほったらかされているせいか、とても埃っぽい。

そこまで埃をためなくても、十分建物から古さ感はしみ出ているんですけどねぇ。

 

 

 

 

View or Post Comments

Back to Main Content

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Please fix your errors.

Share

Back to Main Content