2011/10/19

世界観をつくるヒント ~世界制作の方法 展~

世界制作の方法-1

先日行った、中之島の国際国立美術館で行われていた「世界制作の方法」展。

このタイトルは、アメリカの哲学者 ネルソン・グッドマンの著書

「世界制作の方法」に由来しているそうです。

世界 そのものはいかなるヴァージョンにも所属せず、その実体は存在しないと述べ

世界 はあくまで制作されるものであり、それはいくつものヴァージョンを作ること・・・

と、まあ そんな難しい話はさておき、展覧会は面白かった。

 

内容は?というと、

たくさんの作家さんがそれぞれの部屋で独自のワールドをつくっているという感じで、

全く意味の分からないものから、「あー、こういうことか」というモノまで色々あります。

時間をかけてゆっくり見ると、徐々にあー、あーー、あーーーっ、、、という感じでした。

 

その中でも、私が一番楽しめた作品がこれ。

クワクボリョウタさんの「10番目の感傷」という作品。

世界制作の方法-2

最初、真っ暗の部屋の壁に、映像を映しているだけなのかなあと思って見ていたのですが、

じっとよく見ていると、それが映像ではなく影絵なんだと気づきました。

あまり細かく書くと、実際に体験した時の楽しみが減るのでやめときますが、

身近にある日用品で「こんなに奇麗な風景がつくれるんだなあ」とちょっと感動しました。

 

他にも、小さなコップの奥の世界や、真っ暗闇の世界、などなど。。。

世界制作の方法-3

世界制作の方法-4

世界制作の方法-5

 

飲食店、物販店、歯科医院、住宅、、、

私は普段、様々なジャンルの店舗を設計しているのですが、

何を使って、どんな個性を持った世界観をつくろうかと、いつも頭を悩ませています。

 

そんなちょっとしたヒントやアイデアは、

「身近な所にもたくさん落ちているんだよ」と気付かせてくれるような展覧会でした。

 

12/11まで開催されているそうなので、

興味を引かれた方は、是非ちょっと体験しに行ってみて下さい。

ぜひぜひ・・・

 

 

 

 

PARK DESIGN|歯科医院  飲食店  物販店の店舗設計・デザイン

View or Post Comments

Back to Main Content

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Please fix your errors.

Share

Back to Main Content