修理とデザイン 〜金継ぎ〜

我が家の器が欠けたので、金継ぎという手法で自ら修理です。

漆1

まずは、生の漆(うるし)とごはん粒をペースト状になるまで練り合わせます。

そして、漆が手につくとかぶれるので

注意しながら、欠けた部分に盛りつけていきます。

丁寧に丁寧に、愛情を込めながら少しづつ、、、

漆2

あとは、固まるまで1週間ほど待ちます。

といっても漆は、接着剤とは違って 乾燥しても固まりません。

空気中の水分を吸いながら硬化していきますので、湿気のある場所に保管して待ちます。

続きは、また後日・・・